為替業者の調査を参考にする

金融庁が行った為替業者に対する調査結果の概要が公表されています。為替業者を選ぶ時に参考にして下さいということらしいです。それを見てみたのですが正直どう役立てたら良いのかわかりませんでした(@_@;)
みなさんでしたらうまく参考にされると思いますのでちょっとご紹介しますね。

参考は金融庁の「外国為替証拠金取引業者に対する一斉調査の結果について(平成22年4月16日改定)』平成22年2月基準分です。FX取引業者99社に質問票を送って回答してもらったそうです。

まず業者と顧客の取引形態について、電話とインターネットでの取引がありますよ、とのこと。
インターネットでの注文を受付ている業者は99%(残りの1%がちょっと気になります)、電話で注文を受けている業者は29%だったそうです(電話とネット両方受けている業者があるので合計は100%超えます)。

次に業者のリスク管理について、業者は損失を減少させるために銀行などとカバー取引を行います、とのこと。
カバー取引を行わない業者やカバー率が低い業者は、業者に損失が発生することがありますよ、ということです。(このカバー取引というのは信託分別管理とか信託保全といわれているものでしょうか?それとも別に業者と銀行で何らかの取引があるのか、ちょっとわかりません申し訳ない←別ものみたいですね無知で申し訳ない)カバー取引実施状況は、フルカバーが73%、一部カバーが27%でした。

業者個々の具体的な情報については教えてもらえないので、調べたい業者があれば直接聞いてみるしかないようです。この調査は平成22年2月基準なので、レバレッジ規制や税金制度改正の前の話ですし状況は変化してそうですね。

経済