業者選びのポイント;業者の儲けとは?

FXを始めるにあたって、FX取引の仕組みを理解していないといけません。特に「投資」と云われる行為は、リターンが期待できる分だけ、リスクも同様に存在します。よく仕組みを理解せずに投資をはじめるのは、ギャンブルと変わりません。

まずFXに限らず業者選びをする際に気を付けておかなければならない基本的なことをご紹介しておきましょう。ちょっと話がそれますが、仕組みを理解するためですのでご容赦願います。

銀行や証券会社、FXの為替業者を含めて、金融商品を扱う業者が個人を顧客とする場合、業者自身が損をしないように取引の仕組みを作っています。つまり、業者が損をしないように最初から設計されている金融商品しか売り出されないというわけです。

少し違う業界の業者の話ですが、「宝くじ」で考えてみましょう。宝くじを売り出している(自治体からの委託販売)業者は「銀行」ですが、3億円の1等を何百本も出して太っ腹だなぁと思うことはないでしょうか。例えば3億円の当たりくじを100本売り出せば、300億円が必要になるわけです。しかし、宝くじの売上をみるとそのからくりが見えてきます。

一般に宝くじの払い戻し率は5割弱と云われています。つまり、総売上の半分しか還元されていないというわけです。(ちなみに、残りの5割のうち、1割が販売費用で4割は自治体の収入になっているそうです。)

ちょっと話がずれた気がしますが、何はともあれ業者は損しないようになっているわけです。そこで今回の業者選びのポイントは、顧客である自分が儲けやすいかどうかを見る場合には、業者がどうやって稼ぎ出しているかを知ることがポイントです。

経済