外貨預金とFXの違い#2

前回に引き続いて、「外貨預金」と「外国為替証拠金取引」の違いと共通点についてご紹介しましょう。

外貨預金は、日本円を比較的金利の高い外貨に交換して預けることと為替差益で収益を上げる外国為替取引だとご紹介しましたが、外国為替証拠金取引との違いは何なのでしょうか。

外国為替保証金取引(FX)も外国為替取引の一つですが、外貨預金と比べたときの最大の違いは、取引業者に預ける金額(外為の保証金)の数倍~数十倍のお金を運用できるポイントにあります。投資家は為替業者に預けた「証拠金」を担保として、手持ちの資産の数倍~数十倍という大規模な資産運用が可能なのです。

例えば、外国為替証拠金取引ではFX為替業者に10万円を預けることで、100万円分のアメリカドルの売買取引が可能です。つまり、10万円の証拠金で、1ドル=100円のレートの時に100万円分のアメリカドルを買い、1ドル=101円のレートの時に売る、という取引が出来るのです。この場合、10万円の元手資金で1万円の利益を得ることに成功した計算になります。

つまり1円の円安が進んだだけで、10万円を11万円に増やせたということになります。外貨預金の場合には、10万円が10万1,000円にしかならないことを考えると、遥かに高い運用効果を期待できるわけです。(※ 厳密には為替手数料やFX取引の際のスプレッドといったものを無視しているのでこうはなりませんが、あくまでも目安としてご承知願います。)

経済