外貨預金とFXの違い#1

今回は「外貨預金」と「外国為替証拠金取引」の違いと共通点、メリット・デメリットについてご紹介しましょう。

まず「外貨預金」は外国為替取引の一つで、銀行で外貨を買い、これを口座に預け入れておくというものです。この外貨取引は専門業者を通さずとも、普段利用している銀行で手軽に行えるので、比較的手軽に始められるのが特徴です。

外貨預金が人気を集めている理由の一つが、日本の超低金利にあります。普通に銀行に預けていた場合、ほとんど利息が付かないのですが、金利の高い外国通貨で預ければ利息がその分増えるわけです。銀行に預けておいてもほとんど増えることのない円でお金を持っているよりも、より金利の高い外貨で持っておく方が有利な資産運用であるというわけです。

また、外貨預金による収入は金利だけではありません。外貨は為替相場の変動によって日本円に交換したときの価値が変化します。つまり、「円高」時に外貨を買って預け、「円安」時にこれを日本円にして引き出せば、金利とは別に『為替差益』を得ることができます。

例えば、1ドル100円のときに1万ドルを100万円で買い、銀行に預金しておきます。その後、1ドル105円まで「円安」が進んだときに、預金しておいた1万ドルを日本円に交換すると105万円になります。この場合、1万ドル購入時の100万円と比べると5万円増えたことになります。これが「為替差益」ということになります。(もちろん、円高が進んで1ドル95円になった場合には、5万円減るので、為替差損となります。)

経済