外国為替FX業者の選び方のポイント#2

前回に引き続いて外国為替FX業者の選び方のポイントについてご紹介していきます。まず、これから外国為替証拠金取引を始めたい投資家の方や今は株しかやっていない株初心者にオススメなのは、手数料無料のFX専門業者だとお伝えしました。

その業者の中で、今度は何をポイントにして選んでいけばいいのでしょうか。
今回は「スプレッド」についてご紹介します。以前にも一度ご紹介しましたが、為替売買におけるスプレッドについて簡単に説明しておきましょう。

テレビ、ラジオ等でニュースの終わりに「今日の為替相場は、1ドル=105円20銭-25銭」と表示されたり読み上げられたりしています。これは105円20銭から105円25銭で値動きしているのではなく、105円25銭が買値(ビッド)で105円20銭が売値(アスク又はオファー)ということを意味しています。

このように、為替は株式と違って一本値(買いも売りも同じ値段)がなく、買値と売値の2つのレートが表示されています(2ウェイプライス)。この買値と売値の差が「スプレッド」と呼ばれるものです。外国為替証拠金取引の場合、スプレッドに加えてブローカーの手数料が上乗せされるので、できるだけスプレッドの差が小さい業者を選ぶのがポイントになります。

しかし、スプレッドが小さいだけで業者を選ぶのも少し考えものです。FX取引でスリッページと呼ばれる、「注文が通るのに時間がかかる」、「100円50銭」と表示されているときに注文したのに、約定したのは「100円55銭」だったということが起きやすい業者という場合もあります。俗にいう「スベる」ことが多いFX為替業者は要注意です。

経済