手数料無料のFX業者の仕組みとは?

FX業者を選ぶ際に、ポイントとして挙げられるのが「手数料無料」というものです。つまり、売買手数料がかからないということですが、どうやって為替業者は利益を得ているのでしょうか。

実は、為替取引にはもともと『売買スプレッド』があります。この売買スプレッドとは、買値と売値の差のことです。

例えば、為替投資家がアメリカドルを買うときのレートは、1ドル=100円55銭なのに、売るときのレートは、1ドル=100円50銭だったりします。投資家にとってその5銭の差は不利に働きますが、FX業者にとっては利益になります。このわずか数銭の利益を積み重ねることによってFX会社は手数料無料でも利益を出すことが出来るというわけです。

しかし、FXの為替業者が手数料無料で利益を出していくためには、顧客から多くの注文をもらって、それを正確にさばく技術、経営陣の経営センスが必要となります。それ故、投資家は、「手数料無料だから」といって安易に為替業者を選ぶのではなく、手数料無料の会社は特に、財務基盤の健全性や透明性、経営陣の質の高さをチェックして業者を選ばなければなりません。

FXの為替業者を選ぶポイントとして、手数料無料や売買スプレッドの大きさは大きな要素です。しかし、業者が抱えている顧客の数も同様に大切な要素になります。基本的に顧客数が多ければ、仲介手数料が多く入るので、業者が儲かっている可能性が高く、財務基盤がしっかりしていると考えられるからです。

経済