為替業者の調査を参考にする

金融庁が行った為替業者に対する調査結果の概要が公表されています。為替業者を選ぶ時に参考にして下さいということらしいです。それを見てみたのですが正直どう役立てたら良いのかわかりませんでした(@_@;)
みなさんでしたらうまく参考にされると思いますのでちょっとご紹介しますね。

参考は金融庁の「外国為替証拠金取引業者に対する一斉調査の結果について(平成22年4月16日改定)』平成22年2月基準分です。FX取引業者99社に質問票を送って回答してもらったそうです。

まず業者と顧客の取引形態について、電話とインターネットでの取引がありますよ、とのこと。
インターネットでの注文を受付ている業者は99%(残りの1%がちょっと気になります)、電話で注文を受けている業者は29%だったそうです(電話とネット両方受けている業者があるので合計は100%超えます)。

次に業者のリスク管理について、業者は損失を減少させるために銀行などとカバー取引を行います、とのこと。
カバー取引を行わない業者やカバー率が低い業者は、業者に損失が発生することがありますよ、ということです。(このカバー取引というのは信託分別管理とか信託保全といわれているものでしょうか?それとも別に業者と銀行で何らかの取引があるのか、ちょっとわかりません申し訳ない←別ものみたいですね無知で申し訳ない)カバー取引実施状況は、フルカバーが73%、一部カバーが27%でした。

業者個々の具体的な情報については教えてもらえないので、調べたい業者があれば直接聞いてみるしかないようです。この調査は平成22年2月基準なので、レバレッジ規制や税金制度改正の前の話ですし状況は変化してそうですね。

FX通貨「レク」ってどこの国の通貨?

取り扱い通貨の数はFX業者によって様々です。
中には100種類以上もの通貨を取り扱う会社もありますが、世界各国の通貨をどれくらい知っていますか?
‥‥数えてみて一桁くらいであればわたしの仲間です!
ドルやユーロくらいしか思いつきません。
ユーロはユーロだけですが、ドルはドルでも米ドルや香港ドル・カナダドルなどありますしね。
他にもナミビアドルやジャマイカドル・バハマドル・バルバドスドルなどあります。
どの辺りの通貨かわかりますか?
ナミビアは南部アフリカにある国です。
その他はカリブに位置する国の通貨です。
フィジーやブルネイなどドルは他にも沢山の地域で使用されています。

それでは、少しクイズでも。次の通貨はどこの国の通貨でしょう?

①タカ
②ブラ
③ドラム
④レアル
⑤クーナ
⑥ケツァル
⑦ルピア
⑧リエル
⑨アリアリ
⑩チャット
⑪フォリント
⑫テンゲ

解りましたか?
正解は

①バングラデシュ/南アジア
②ボツワナ/南部アフリカ
③アルメニア/西アジア
④ブラジル/南アメリカ
⑤クロアチア/南ヨーロッパ
⑥グアテマラ/中央アメリカ
⑦インドネシア/東南アジア
⑧カンボジア/東南アジア
⑨マダガスカル/南部アフリカ
⑩ミャンマー/東南アジア
⑪ハンガリー/東ヨーロッパ
⑫カザフスタン/中央アジア

通貨はまだまだ沢山ありますよ!調べてみるのも面白いと思います。
さて、表題の「レク」はどこの国の通貨か解りましたか?
ヒントは「東ヨーロッパの国」です。
調べてみて下さい☆

外貨預金とFXの違い#2

前回に引き続いて、「外貨預金」と「外国為替証拠金取引」の違いと共通点についてご紹介しましょう。

外貨預金は、日本円を比較的金利の高い外貨に交換して預けることと為替差益で収益を上げる外国為替取引だとご紹介しましたが、外国為替証拠金取引との違いは何なのでしょうか。

外国為替保証金取引(FX)も外国為替取引の一つですが、外貨預金と比べたときの最大の違いは、取引業者に預ける金額(外為の保証金)の数倍~数十倍のお金を運用できるポイントにあります。投資家は為替業者に預けた「証拠金」を担保として、手持ちの資産の数倍~数十倍という大規模な資産運用が可能なのです。

例えば、外国為替証拠金取引ではFX為替業者に10万円を預けることで、100万円分のアメリカドルの売買取引が可能です。つまり、10万円の証拠金で、1ドル=100円のレートの時に100万円分のアメリカドルを買い、1ドル=101円のレートの時に売る、という取引が出来るのです。この場合、10万円の元手資金で1万円の利益を得ることに成功した計算になります。

つまり1円の円安が進んだだけで、10万円を11万円に増やせたということになります。外貨預金の場合には、10万円が10万1,000円にしかならないことを考えると、遥かに高い運用効果を期待できるわけです。(※ 厳密には為替手数料やFX取引の際のスプレッドといったものを無視しているのでこうはなりませんが、あくまでも目安としてご承知願います。)

経済